メンズ国産ジーンズの人気ブランド一覧

メンズ国産ジーンズ・人気ブランド

KURO 価格帯:約1万円〜3万円
日本のジーンズブランド。リアリティのある色落ち加工等、細部にまでこだわり抜かれている。メイドインジャパンのジーンズを楽しみたい方におすすめ。比較的安価なのも嬉しい。

REDCARD 価格帯:1万円〜3万円
こちらも日本のジーンズブランド。リアルなダメージ加工と、軽い穿き心地を両立させたジーンズが特徴。生地の風合いやリベット等、メイドインジャパンのクオリティは圧巻。/td>

UES 価格帯:約25000円
品質の高いジーンズは、UESの看板商品。穿き続けることによって経年変化を楽しみ、ジーンズを”育てる”事に主眼を置いているブランド。数年穿いた後の風格は加工ものでは味わえない。

UNIQLO 価格帯:2000円〜5000円
今や”ジーンズのユニクロ”といっても過言ではない。驚きの低価格ながら、素材・加工にこだわったユニクロジーンズのコストパフォーマンスは高い。シルエットやサイズ・カラーも豊富。国産ジーンズを販売するシーズンもあるので、要チェック。

EVISUジーンズ 価格帯:約20000円
国産ジーンズブランド。独特のペンキのマークが特徴的。B系やストリート系のテイストが強く、若者に人気がある印象。

桃太郎ジーンズ 価格帯:約24000円〜
徹底的に素材にこだわった国産ジーンズ。極上のコットン(綿)で作られたジーンズは、風合いがよく、経年変化を十分に楽しめる。やや高価だが、試す価値あり。

WAREHOUSE 価格帯:約2万円〜3万円
ジーンズにこだわるブランド。適度なフィットを追求したシルエットにより、穿き心地が良い。 また、縫製仕様は隠しリベット、異番手縫製など、50年代のアメリカの工業製品としての黄金時代の仕様を踏襲している。

SAMURAIジーンズ 価格帯:約27000円
名前からもわかる通り、和風テイストを前面に押し出した国産ジーンズブランド。糸・リベット・革パッチ等のディテールに徹底的にこだわっており、クオリティは高い。

Blue Jeans 価格帯:約15000円
綿選び、糸の紡ぎ方、染色、織り方にこだわった国産ジーンズブランド。糸にはアメリカ産のコットンを使用。比較的安く購入できるため、国産ジーンズの入門としてもおすすめ。

ー人気記事ー
ー人気の財布を特集!ー
ーBRANDー

inserted by FC2 system